信連姫路支店が都市景観賞受賞
 11月20日,イーグレひめじにおいて「2015姫路市都市景観フォーラム」が開催され,同市の景観形成において優れた建築物や街並みを顕彰する「第10回姫路市都市景観賞」の表彰式が行われました。
 本年5月にリニューアル・オープンした兵庫信連姫路支店が,建築物部門において受賞作品に選ばれ,石見利勝市長から表彰状等が授与されました。
 同賞は1988年に創設され,3年毎に表彰を実施しており,今回,建築物部門では48点の応募・推薦がありました。
  花と緑に囲まれた外観
花と緑に囲まれた外観
(庇には太陽光発電パネルを設置)
<第10回姫路市都市景観賞 受賞作品>
都市景観賞
【建築物部門】
兵庫信連 姫路支店
【まちなみ部門】
野里街道
特別 安積精肉店,サンショウ レザーパビリオン,姫路ターミナルスクエア

石見姫路市長から表彰状を授与される信連中村理事長
 
左から石見姫路市長,信連中村理事長,信連姫路支
店の設計を担当した鞄券ィ建築事務所 米井常務,
施工を担当 した清水建設叶_戸支店 森田工事長
 姫路支店は,庇(ひさし)に太陽光発電パネルを設置し,使用電力の70%を補うほか,敷地内に四季折々の樹木と草花を植え,ヒートアイランド対策を施すなど,環境に配慮した設備・機能を備えています。
 また,3階には最大160人を収容できるセミナールームや料理教室等に利用できるパントリーなどを設置しています。
 
庇に設置された太陽光発電パネル
 同賞の選考委員会委員長である兵庫県立大学関哲洋教授の選考総評では,信連姫路支店について,「駅南大路に面する都市景観形成地区に位置し,周辺の建物と調和する壁面の細やかなデザイン,庇を利用した太陽光発電パネルや緑化への配慮による環境形成への取組みなどが高く評価された」と受賞理由が説明されました。  
最大約160人収容可能なセミナールーム
 今回の受賞により,「花と緑と光につつまれた姫路支店」をコンセプトとして環境に配慮した当支店の設備と機能を,今後更に活用し,食と農並びに環境教育などの取組みを通じ,JA・取引先企業をはじめとする地域の皆様に利用していただける施設を目指します。  
屋上庭園
前画面にもどる...